東京の恋人 (1952)

井手俊郎が脚本を書き、千葉泰樹が監督に当たっている。撮影は飯村正。

監督:千葉泰樹
出演:原節子、三船敏郎、杉葉子、森繁久彌、清川虹子、河村黎吉、藤間紫、小泉博

東京の恋人 (1952)のストーリー

ユキ(原節子)は街頭の似顔絵描き、正太郎、忠吉、大助の三人は同じく街の靴磨きと靴直しをしていた。四人は同じ江東の貧しい裏町に住み、同じ銀座の並木通りにある宝山堂という宝石屋の前で店開きをしていた。ある日この宝石屋へ、黒川(三船敏郎)という宝石の偽物作りの名人が店飾り用に時価五十万円のダイヤの指輪の偽物を届けたことから、事件が起こった。宝山堂のあるビルでパチンコ玉の製造をして大儲けをしている赤澤(森繁久彌)の二号小夏(藤間紫)は、このダイヤを赤澤に買わせて偽物と取り替え、その差額を自分の懐に納めようとした。しかし赤澤が偽物を買って本物だと言って小夏に与えようとしたことから事がこんがらがり、赤澤夫人まで出現してすったもんだのあげく、鶴子夫人(清川虹子)に本物の指輪を買わせてけりがつくことになった。ところが、実は鶴子夫人が買い取ったのが偽物で、本物は赤澤が偽物だと思って給仕のタマ子に与えたものだった。そのタマ子もユキたちの仲間であった。ユキと同じアパートに住むハルミ(杉洋子)は街の女だったが、無理がたたって倒れた。それを送ってきてくれたのが黒川で、彼は初めてユキたちの生活を知った。病床のハルミは国元の母へ結婚して幸福に暮らしていると手紙を書いたが、彼女は危篤になって国から母親が出てくることになった。黒川は頼まれてハルミの良人の役を果たしてやった。タマ子たちはハルミを助けるため本物と知らずに指輪を売りに行く途中、それを隅田川の中へ落としてしまう。その頃鶴子夫人は自分の指輪が偽物であることを発見して大騒ぎになり、隅田川の川さらいをやり始めた。ハルミはみんなに親切に看取られて幸福に死んでいった。黒川とユキは、みんなと一緒にある日ハルミのことをしのびながら楽しい水上ピクニックを催した。その隅田川では、まだ諦めきれない鶴子夫人が遂に自ら潜水服をつけ川底へ潜っていく滑稽な姿が見られた。

関連記事

  1. 愛と憎しみの彼方へ (1951)

  2. 宮本武蔵 (1954)

  3. 吹けよ春風 (1953)

  4. 白痴 (1951)

  5. 宮本武蔵 完結篇 決闘巌流島 (1956)

  6. 羅生門 (1950)