愛と憎しみの彼方へ (1951)

「銀嶺の果て」「ジャコ万と鉄(1949)」「暁の脱走」とコンビで作品の発表を続けて来た、製作者田中友幸と演出家谷口千吉とが再び組んで発表した作品で、寒川光太郎原作の「脱獄囚」より取材して、谷口千吉と黒澤明とが協同で脚色している。映画芸術協会の第一回自主作品で、東宝が配給する。

監督: 谷口千吉
出演:三船敏郎、水戸光子、池部良、小沢栄太郎、志村喬、上田吉二郎、三津田健

愛と憎しみの彼方へ (1951)のストーリー

北海道網走刑務所--激しい暴風雨の夜、脱獄を知らせる不気味なサイレンが鳴り渡った。当直看守は人情家の久保部長(志村喬)であったが、日頃模範囚として信頼している「オホツク不動」と異名のある坂田五郎(三船敏郎)がその首謀者であるということに、久保は腑に落ちないものを感じた。調べて見ると、兇悪な囚人「生疵の助」こと鎌田与助(小沢栄太郎)が、常に自分の脱獄計画を邪魔されるのに業を煮やして反対に彼を抱き込む計画を立て、伊達という囚人に、不動の妻のまさ江(水戸光子)が、医師の北原(池部良)と不義をしているとデマを飛ばさせたので、それを聞いた不動はその事実を確めたい一心で、脱獄の主謀になった事実が明らかになった。久保は、この事件の責任を取って辞職しようと決心していたが、そんな真相を知ると、何とかして不動に妻の潔白を知らせ、不動が重ねて罪を犯すのを防いでやりたいと、捜査隊に参加して、常に先頭に立って、不動たちの後を追った。まさ江は、夫の脱獄を知ると、二人の思い出の炭小屋へ不動が現われるに違いないと思い、息子の誠(伊東孝)を連れ北原に付き添われてそこへ赴いた。しかし、北原との関係を疑って兇暴になっていた不動は、山の飯場で盗んだ銃で北原を射ったので、まさ江たちは原始林の奥深くまで、逃げ込まなければならなかった。その上、誠は急性肺炎を起して危険状態に陥ってしまった。まさ江たちが誠を看病しながら夜営しているところへ追いついた不動は、そこで初めて妻と北原のきれいな友情を確認することが出来た。脱獄以来、付近を荒しまわり、悪事の数々を重ねていた生疵の助を捕えて、よろめきながら不動が捜査本部へ辿り着いたのは、その次の日の美しい夜明けであった。

関連記事

  1. 馬喰一代 (1951)

  2. 奇巌城の冒険 (1966)

  3. 宮本武蔵 (1954)

  4. 海賊船 (1951)

  5. 東京の恋人 (1952)

  6. 銀嶺の果て (1947)