続宮本武蔵 一乗寺の決闘 (1955)

生誕100周年を記念し、名匠・稲垣浩監督の名作の数々をニュープリント版で再上映する。「続・宮本武蔵~」は、三船敏郎主演によるシリーズ第2作。京都を舞台に血みどろの死闘が展開。

監督:稲垣浩
出演:三船敏郎、鶴田浩二、堺左千夫、平田昭彦、藤木悠、加東大介、東野英治郎、尾上九朗右衛門、八千草薫、岡田茉莉子、水戸光子、木暮実千代、

続宮本武蔵 一乗寺の決闘 (1955)のストーリー

鎖鎌の宍戸梅軒(東野英治郎)を倒し、京へたどりついた武蔵(三船敏郎)は、恋人お通(八千草薫)と再会。だが、安堵したのもつかのま、吉岡道場の一味に襲われる。その後、何度かの斬り合いを経て、ついに吉岡清十郎(平田昭彦)との一騎討ちの日がやってくる。

関連記事

  1. 囚人船 (1956)

  2. 醜聞 スキャンダル (1950)

  3. 七人の侍 (1954)

  4. 愛と憎しみの彼方へ (1951)

  5. 暴れ豪右衛門 (1966)

  6. 白痴 (1951)