宮本武蔵 (1954)

吉川英治の原作「宮本武蔵」関ヶ原の戦いで破れた武蔵が修行の旅に出るまでを、名匠・稲垣浩監督がオールスター・キャストで描く。

監督:稲垣浩
出演:三船敏郎、三國連太郎、尾上九朗右衛門、水戸光子、岡田茉莉子、八千草薫、三好栄子、小沢栄太郎、小杉義男、平田昭彦、加東大介

宮本武蔵 (1954)のストーリー

出世を夢見る武蔵(三船敏郎)と又八(三國連太郎)は、関ヶ原の戦いに参加するも敗走。途中で女たちの恨みをかった武蔵は、沢庵和尚(尾上九朗右衛門)に助けられる。和尚は武蔵のためを思い、あえて厳しく接するが、武蔵は又八の許嫁お通(八千草薫)と共に逃げ出してしまう。

関連記事

  1. 海賊船 (1951)

  2. 続宮本武蔵 一乗寺の決闘 (1955)

  3. 羅生門 (1950)

  4. 囚人船 (1956)

  5. 決闘鍵屋の辻 (1952)

  6. 柳生武芸帳 (1957)