奇巌城の冒険 (1966)

太宰治の“走れメロス”を、馬淵薫がシナリオ化、谷口千吉が監督した活劇。撮影は山田一夫。

監督: 谷口千吉
出演:三船敏郎、中丸忠雄、三橋達也、白川由美、佐藤允、平田昭彦、若林映子、大木庄司、田崎潤

奇巌城の冒険 (1966)のストーリー

漢人、蒙古人、ペルシャ人、印度人と国際色豊かな敦煌の都で、日本人大角(三船敏郎)と、僧侶円済(中丸忠雄)は日本に仏教を広め、文化の都を奈良に造るため仏舎利を求めてシルクロードへ旅立った。途中砂漠でえたいの知れない悪霊に苦しめられながら、大角は奥地へ入っていった。しかし、悪霊の出現に不蕃を抱いた大角は何か悪い人の企みがあることに気づいたが、遂に隊は黒盗賊に襲われ、静かなオアシスの街へ迷い込んだ。そこで地中に埋もれた窟寺を見つけた大角と円済は、そこで仏舎利を手にして小躍りした。だがその間隊の者たちは王の命令でつかまってしまっていた。隊商宿の亭主(田崎潤)と娘クレーヤ(浜美枝)から、早く逃げるようすすめられた大角であったが、正義感の強い大角は城にしのび込んで皆を助けようとした。城の中で大角は一癖ありそうな家臣の中に、砂漠の中で出くわした黒盗賊の主領ゴルジャカ(佐藤允)を見つけた。だが大角も捕われの身となり即刻火あぶりの刑を言い渡された。しかし大角は仏舎利を日本に送るまでの手続きをするために、十日間の余裕をくれと訴え、その代わりに円済の身を十日間拘置するよう訴えた。王の同意を得た大角は仏舎利を手にすぐ飛び出した。けれどもゴルジャカの企みで、大角は執に追われ危機に遭遇した。ようやく仏舎利を託して、馬をとばして道を引き返した大角は、砂漠でゴルジャカの率いる黒盗賊に馬を討たれ、走る途中、谷に落されたりして、ひん死の状態で十日目の昼ちかく帰って来た。姿を見て驚いたゴルジャカは、王に目の前で殺すよう計った。一方ペシルの人々は口々に大角の正しい勇気をほめたたえ、皆の力で守ろうとした。王様も大角により初めて人を信ずる尊さを知り、大角を許した。ペシルの都には明るい笑声がよみがえり、大角と円済は一層仲良くなった。

関連記事

  1. 愛と憎しみの彼方へ (1951)

  2. 嵐の中の男 (1957)

  3. ジャコ萬と鉄 (1949)

  4. 銀嶺の果て (1947)

  5. 大盗賊 (1963)

  6. 吹けよ春風 (1953)