日本の首領 完結篇 (1978)

日本最大の暗黒ファミリーとそれを率いる首領(ドン)の存在を通して、壮大な人間ドラマを描く「日本の首領」三部作の完結篇。脚本は高田宏治、監督は中島貞夫、撮影も増田敏雄がそれぞれ担当。

監督:中島貞夫
出演: 佐分利信、桜町弘子、山本由香里、高橋悦史、二宮さよ子、渡辺文雄、佐藤慶、細川ひろし、志賀勝、内田朝雄、西村晃、金子信夫、渡辺文雄、大谷直子、菅原文太、三船敏郎

日本の首領 完結篇 (1978)のストーリー

関東同盟理事長、大石剛介(三船敏郎)と、関西中島組組長、佐倉一誠(佐分利信)の間には表向きには平穏無事な日々が続いていたが、日本政財界最大の黒幕、大山喜久夫(片岡千恵蔵)が癌で倒れたことにより、両者の間に再び不穏な空気が漂いはじめた。大山は佐倉の娘婿の医師、一宮恭介(高橋悦史)の執刀で九死に一生を得た。大山は任侠団体の統一合体を提唱するが、全国制覇の野望に燃える佐倉、大石は共に同意せず、虚々実々の駆け引きが始まった。サイパン島開発という国家的な大事業に着眼した大石は大山を後盾に保守党中久保派の伊庭官房長官(中谷昇)に接近する。平山幹事長(金子信雄)から大石の野心を聞いた佐倉は大いに動揺した。大石、佐倉の当面の問題は資金調達にあった。佐倉の胸中を読んだ川西は、膨大な土地、不動産を持つ松原産業の子会社、木村建設を倒産に追い込んだ。そして自殺した木村社長の娘、由紀子を保守党の実力者、刈田(西村晃)に与えた。一方、大石は、娘の郁子(山本由香里)と刈田の息子春男の縁組により、刈田を味方に引き込み、アメリカ側への賄賂の特使として、刈田と春男をサイパンに派遣する。大山は自分の回復祝の席で、佐倉に打倒大石を示唆した。刈田はサイパンでジェラード議員と取引中に中島組の組員らしき強盗団に襲われ、大金を奪われる。被害にあったのが日米の両議員のうえ巨額の金銭とあって、鬼島検事正は大規模な捜査活動を開始する。身の危険を悟った大石は帰国した春男と愛人をガス自殺にみせかけ口を封じ、重病を装って入院した刈田も毒殺して、サイパン事件の賄賂の領収書を取り戻そうとする。だが領収書は由紀子の手にあり、それを大山から外科部長の椅子を約束された一宮が買い取った。さらに大山はサイパン事件の仕掛人、川西(菅原文太)も抱き込み、佐倉の背信行為を示唆するのであった。一方、佐倉も大石に勝った大山を消すことをファミリーの一宮に託す。医者としての地位をとるか、佐倉に従うか一宮は苦脳する。時同じくしてアメリカでのジェラードの証言が報じられ、大山とジェラード、大石と故刈田の黒い関係が報道されて、大山は病気再発を理由に入院した。又、川西は関東同盟の報復で悲惨な最後を遂げた。佐倉はついに関東の壁を破ったかに見えたが……。

関連記事

  1. 1941 (1979)

  2. 犬笛 (1978)

  3. 激動の昭和史 軍閥 (1970)

  4. 座頭市と用心棒 (1970)

  5. 水戸黄門 (1978)

  6. 日本の首領 野望篇 (1977)