新選組 (1969)

松浦健郎の脚本を、沢島忠が監督し、三船プロが「赤毛」に続いて発表した時代劇。撮影は山田一夫が担当。

監督: 沢島忠
出演:三船敏郎、小林桂樹、北大路欣也、三國連太郎、三代目中村翫右衛門、田村高廣、中村嘉葎雄、四代目中村梅之助、萬屋錦之介、司葉子、池内淳子、星由里子、野川由美子

新選組 (1969)のストーリー

文久三年一月。武州多摩で然理心流の試衛館道場を開く近藤勇(三船敏郎)は、相談相手の土方歳三(小林桂樹)や、門弟沖田総司(北大路欣也)らと浪士隊に応募し、京に向った。隊には水戸浪士芹沢鴨(三國連太郎)らも参加していた。江戸逆戻りの命に背いた近藤らと芹沢ら十三名は、松平肥後守御預けになり、同年三月、新選組が誕生した。島原の大夫・お雪(池内淳子)とその妹お孝(星由里子)が近藤に心を寄せた。近藤と共に実権を持つ芹沢の乱暴狼籍は、目に余り、遂に近藤は、土方、沖田らと、芹沢を暗殺した。新見錦ら芹沢派も、次々と斬られ、新選組の実権は完全に近藤が握った。新選組の名は洛中に鳴り響いた。

元治元年六月五日、政変で失墜した長州派の志士たちは池田屋に集っていた。これを探知した近藤らは、僅か五名で、突入した。乱闘二時間余り、凄絶な斬り合いの末、志士の即死七名、生補りなど二十余名を数えた。新選組の圧倒的勝利だった。以来、新選組は、幕臣の信頼を集め、羽振りもよくなった。しかし幕府は衰亡の一途を辿っていた。近藤は、幕府の危機を悟ったが、節を曲げず、最後まで幕府のために働く初心を変えなかった。近藤とはそういう男だった。鳥羽・伏見の戦いに敗れた近藤らは、江戸へ帰った。そして、甲陽鎮撫隊を率いた近藤は、戦い利あらず、下総流山で官軍にくだった。慶応四年四月二十五日、板橋の刑場で、近藤勇の首は胴を離れた。

関連記事

  1. 日本海大海戦 (1969)

  2. 赤ひげ (1965)

  3. 黒部の太陽 (1968)

  4. 侍 (1965)

  5. 血と砂 (1965)

  6. 暴れ豪右衛門 (1966)